睡眠や夢のスピリチュアル的役割とは?
チャネリング

睡眠や夢のスピリチュアル的役割とは?

6月に入り梅雨の季節。季節の変わり目などで体調を崩したり、不眠がちだったり、睡眠過多になってしまう人も多いかもしれませんね。

今回は、睡眠や夢のスピリチュアルな役割について、大天使ミカエルにチャネリングで聞いてみました!

Q. 睡眠や夢のスピリチュアル的役割とは何でしょうか?

まず睡眠は、人間にとってなくてはならないものである。人間の脳や身体は、睡眠をとることによって、コンピューターで言うところのsaveモードに入る。この際に、身体の中や脳の中で、その日1日に起きた出来事や会話、食事、ありとあらゆるものを一度整理したり、処理したりし、毎日を元気に快適に暮らせるようにする。

睡眠は主に身体のメンテナンスとしての役割が大きく、夢は情報処理的な役割が大きい。スピリチュアルな面では、夢が大きな役割を担っている。人間は睡眠中に何度も夢を見るが、覚えている夢の数と実際に見ている夢の数は異なる。

夢はスピリチュアル世界への入り口?

夢はスピリチュアル世界への入り口?

主に覚えていない間の夢の中で、実はスピリチュアルの世界へと旅している事が多いのである。貴方は夢の中で、貴方の守護天使やガイド達に会ったり、上の世界で貴方の今生の役割を再確認していたりするのである。

スピリチュアル的に目覚めている人の多くは、睡眠時間が一時的に長くなったり、寝ても寝ても寝足りないように感じる人も多いのは、上の世界で過ごす時間が増えているからなのです。

夢の中でボンヤリと覚えていることもあるかもしれないが、まだ今生で実際には会っていない人とも、実は睡眠中に、上の世界では会っており、今後の方針などを一緒に決めていることもあるのです。

夢の中は情報の宝庫だった!

また、夢の中では、多くの情報を手に入れることもあります。よく、夜中に突然良いアイデアが振ってきたりして、目が覚めるという人もいるのではないでしょうか?

その場合、多くは、その日気になっていた案件を上の世界に持ち帰って、精査し、夢の中での閃きといった形で、今生に持ち帰ってきているのです。ただそうした閃きは一瞬の事なので、多くの人は、まどろみの中で再び眠りについてしまい、忘れてしまうことが多いでしょう。

もし、せっかく持ち帰ったアイデアを忘れたくないのであれば、寝室にメモを用意しておき、目が覚めた瞬間に記録しておくのが良いでしょう。

受け取るべきメッセージがある時は特に、覚醒しているにもかかわらず、急に寝落ちする事もあるであろう。身体的に問題がない場合、それは上からのメッセージを受け取る必要があったと理解しなさい。

例えそれを覚えていなくても、貴方の魂はメッセージを受け取っているので大丈夫です。必要な時がきたら、知らないうちにそのメッセージを活用しているでしょう。

瞑想やリラックスは睡眠障害に最適。

瞑想やリラックスは睡眠障害に最適。

睡眠障害を抱えている人は、実は起きている間にデイドリーミングという形で、無理にメッセージを受け取っている事もありますが、多くの場合、上との繋がりが途絶えがちになるため、肉体的にも精神的にも衰弱してしまう事が多いでしょう。

ストレスを溜めずに健康的な生活を心がけることで、肉体的にも精神的にも健康になり、上の世界との繋がりも保たれ、貴方の役割を果たすことができるので、健康には気をつけましょう。

もしどうしても不眠がちで、悩んでいるのであれば、瞑想をするなどして、リラックス状態を保ち、起きていながらにして、上との繋がりを持つ方法を取ってみてください。

スピリチュアル的な能力の高い人や、芸術家などインスピレーションを活用する事の多いし人は、ロングスリーパーの傾向があるのも、上との繋がりを持つ時間が長いことにより、この世にはないアイデアなどを持ち帰る必要があるからなのです。


いかがでしたでしょうか?

やはり、睡眠や夢はスピリチュアルな世界と大きな繋がりがあるようです。たっぷり睡眠をとって、精神的にも肉体的にも健康になれば、色々な問題も解決しちゃいそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA