停滞 ぬかるみ 像
チャネリング

停滞や身動きが取れない状態のもたらす学びとは?

今週のエレメンタル占いで、停滞、身動きが取れない状態が大きなテーマとなっていたので、十六夜命(いざよいのみこと)へのチャネリングで聞いてみました。

Q. 停滞や身動きが取れない状態がもたらす学びについて教えて頂けますか?

身動きが取れない状態に陥ってしまった時は、今は内省の時期という事じゃ。

日々の喧騒から、自分を切り離し、今自分はココにいる。今という一瞬をじっくりと見つめ、自分の中の深い所にいる自分の心と向き合う時間を取りなさいという心と身体のサインでもある。

人生の中でも何度も遭遇するであろうこの時期は、これまでの自分の行いを見つめ直し、これからの自分の生き方をじっくりと考える機会でもある。

己が本当に欲しているものは何か、己の生き方は間違ってはいないか、やりたくないことに時間を無駄にしてはいないか、今一度自分に問いかけてみるのじゃ。

瞑想やマインドフルネスというものを試してみる良い機会でもある。難しく考える必要はない。先ずは、ゆっくりと必要な休養を取り、睡眠、食事など、自分の身体の健康に気をつけるのと同じように、自分の心の健康を取り戻すという事なのじゃ。

悩み、もがき苦しんでおる時こそ、ゆっくりと、そういう時間を取ることが大切なのじゃ。静けさの中に身を置くのも良いし、自然の中に身を置くのも良い。リラックスして、深呼吸をし、ゆっくりと目を閉じ、自分の中の様々な思いをただ見つめる。

自分の中のもう一人の自分と対話してみても良いであろう。一つの事にとらわれず、神の視点から、己を振り返ってみる事じゃ。

気力が回復するまで、何度でも試みてみるが良い。徐々に思考がクリアになり、己に今必要な事が見えてくるようになる。ワクワクするような気持ちが湧き上がってきた時、回復の時期は終わりを遂げ、ぬかるみから抜け出せたことを察するであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA